ビクトリアでの銀行口座開設でワーホリにおすすめの銀行は?手数料がかからない銀行はあるの?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

ビクトリアでこれから生活を始めるとなるとやることはたくさんありますが、生活する上で必ず使うものといえば「お金」ですよね。

カナダで「生活」をするのにはやはり銀行口座開設が必要になりと思います。特にワーキングホリデーで仕事を探すとなると給料を小切手(チェック)で支払われることがほとんどなので、銀行口座が必要になります。

 

そんな、ワーホリさんに必要不可欠な銀行口座開設ですが、ビクトリアで口座開設する場合どこが良いでしょう。

今回はカナダのビクトリアで銀行口座開設をワーホリさんがする際におすすめの銀行を紹介します。

 

【ワーホリさんがよく利用しているビクトリアの銀行】

・TD Bank
・BMO
・CIBC
・RBC
・Coast Capital

他にも銀行はありますが、ワーキングホリデーさんが使っている銀行はこの5つが多いと思います。

バンクーバーだと日本語で口座開設ができるTD Bankは人気のようですが、ビクトリアのTD Bankでは日本対応はありません。

ワーキングホリデーの最初の数か月をESLなど学校へ通うとほとんどの銀行は学生プランを持っているので証明書があれば、手数料のかからない学生プランで口座開設してくれます。

しかし、学校が終わると通常にプランになります。銀行にもよりますが、告知なしに気が付いたら手数料のかかるプランになっていたり、連絡が来ていたけどわからずそのままにしていたら手数料が発生していた。なんて話も耳にします。

では、ワーキングホリデーで来た際はどこの銀行で口座開設をすればよいでしょうか。

 

【カナダの銀行システム】

おすすめの銀行を紹介する前にまずはカナダの銀行のシステムを紹介します。

 

同じ銀行でも日本の銀行でももちろん銀行のシステムは違います。銀行口座を開設する上で、まずはカナダの銀行のシステムを知らないと契約した後に知らずにお金が引かれていたり、別の銀行にすればよかったと後悔したりし兼ねないので、しっかり覚えておいてくださいね。

 

大きく違う点は2点です。

①口座維持費用がかかる

②プランによって預入れや引出し、デビットカードで使用回数が決まっている

この2つを理解して銀行やプラン選びをすることが大切です

 

では、ビクトリアでどこの銀行がよいでしょうか?

お待たせしました!口座維持費などのかからない銀行(信用金庫)を紹介します!

 

【ワーホリさん用の手数料無料プランがあるCIBC】

スポンサーリンク

CIBCでは、1年間だけの利用者、ワーキングホリデーのような人のためのプランがあります。様々な手数料などが無料でお得なプランがあります。ワーキングホリデーの方にとてもおすすめです。

ーCIBCの手数料無料プラン名と特典―

≪プラン名≫
Chequing Account – CIBC Smart for Foreign works(チェッキング・アカウントーCIBC・スマート・フォー・フォーリン・ワークス)

プランがたくさんありますし、同じよな1年無料のプランが移民者用にありますので間違えがないようしっかり伝えてくださいね。(ほかのプランは安くても月額$4.95します。)

 

≪特典≫
・月々の口座維持費用:無料
・デビットでの支払いやお金の預入れ、引出しの手数料:無制限で無料

この2つが無料なのはとても大きいです。特に支払いなどで何度デビットカードなどを使っても手数料がかからないのはとても大きいです。

安いプランだと引出しや預入れに回数に制限があり、それを超えると手数料がかかるプランがほとんどです。

 

ー手数料無料のCIBCはワーホリさんにおすすめ!―

1年しかカナダに滞在しないと決めていいるなら、CIBCはおすすめです。はじめはビクトリアで住んでみたけど、違う都市に住むことも考えていいるのであれば、CIBCはワーキングホリデーで来ている人にはとてもおすすめです。

 

だた、気を付けなくてはいけないのは、1年のみ様々な手数料が無料になるので、たとえばビジタービザに延長して、口座のことを忘れていると維持費の手数料が引かれてしまいますのでビジターでの延長をする際は銀行口座のことは忘れずに。

ワーホリ終了後に学校へ行くのであれば、学校へ通う証明書があれば学生プランに変更してくれると思いますので、その際は早めにCIBCへ行って相談してくださいね。

 

 

【期間の制限なし!口座維持費用が無料のCoasta Capital】

コストキャピタルは銀行ではなく信用金庫です。通常の口座なら維持費がなく無料なのでカナダ人でも利用している人は多いです。

銀行とは違うので口座開設の際の書類が銀行での口座開設より多いです。

―プランと特典―

≪プラン名≫
Free Chequing, Free Debit, and More Account(フリーチェッキング、フリーデビット、アンド・モア―アカウント)

≪特典≫
・口座維持費:無料
・コストキャピタルのATMでの引き出しと預入れ:無料
・オンライン・バンキング:無料
・デビットカードの利用制限:制限なし、無料

 

―他の信用金庫のATMも使える―

コスト・キャピタルの良いところは様々な手数料が無料なだけではありません。

同じ信用金庫のHSBCやVancityでも手数料なしで利用できます

信用金庫はATMや支店が少なく不便なのではと思うかもしれませんが、コスト・キャピタルはBC州のサーレが本拠地なのでバンクーバー付近なら支店やATMはあるので不便ということはないと思います。

 

―BC州に長く住む予定の人におすすめ―

コストキャピタルはのいいところはやはり手数料が無料なところです。ただ、バンクーバーエリアのサーレ(市)が本拠地なので、バンクーバーエリア(バンクーバー、バーナビー、サーレ―、リッチモンド)とビクトリアがメインです。

バンクーバーやビクトリアを離れる際には、新天地で口座を作り直す必要があります。

ワークビザなどワーキングホリデー以外や学生ビザ以外の人にもおすすめです。

 

【まとめ】

・ビクトリアには日本語で銀行口座の開設をしてくれる銀行はない
・カナダでは銀行口座を維持するための手数料が基本毎月かかる
・CIBCはワーホリさん用の1年間限定でのお得なプランがある
・コストキャピタルはバンクーバーやビクトリアに長くする人におすすめ

 

いかがでしたか?

私もこれまでいくつかの銀行を使ってきましたが、それぞれプランや特典が違います。

口座維持費は安いものでも月3~5ですが、毎月となるともったいない気がしますよね。(10ヶ月で$30以上)

 

しっかり銀行の下調べをして、自分にあった銀行を選んでください。特にエージェントを通さない方は、リアルタイムで情報が少ないと思うのでリサーチはしっかりした方がよいですね。

また、お金のことなので口座開設の際はわからないことがあれば、そのままにせず理解できるまで契約はしないことをおすすめします。後で変更は可能ですが、知らない間に着き$10も手数料で引かれているなどにならないようにしたいですよね。

 

 

生活基盤の1つ、銀行口座開設でビクトリアでの生活がよいスタートになることを祈っています。

それでは、Have a nice day☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

ビクトリアに住みたい、ワーキングホリデーをビクトリアでスタート検討中、ビクトリアに旅行予定などなど
これからビクトリアを訪れる方へ

疑問、不安こと、質問などなどお気軽にコメントや問い合わせフォームよりご連絡ください。

ビクトリアへ訪れる方の少しでもお役に立てればと思います♡

 

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す