ビクトリアの移民者が行ける語学学校、授業料は?受講資格は?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

カナダに移民すると無料で英語が学べるのを知っていますか?

カナダでは永住権を持っている移民者と難民者は無料で英語を学べるます。

 

私も2016年に仕事をしながら通っていました。

 

永住権取得の日本人のほとんどは自分で申請(希望)して永住権を取得している人がほとんどですが、中には難民者であったり家族が移民したので一緒に来ることになったという人もたくさんいます。

 

これは聞いた話ですが、カナダ政府が移民者に対し無料の英語プログラクを提供する理由は、カナダの英語力を保つためだということです。

国土の広いカナダですが、カナダ人だけでは人口が少なく国は成り立たないので、移民者の存在は無料英語プログラムだけ考えても大きいということですね。

 

今回は、移民した人が行ける語学学校について紹介します。

 

 

【基本情報】

―LINCとは?―

LINC – Language Instruction for Newcomers to Canada

LINC は大人の移民者や難民者が英語のレッスンを受けられるプログラムです。

 

―受講資格と費用?―

17歳以上の移民者、または難民者であれば申込ができます。

受講料は無料、テキスト代も必要ありません。

(申込の際に、PRカードを提示する必要があります)

 

―受講場所―

ビクトリアは ICA(Inter Cultural Association)での受講となります。

 

ビクトリア以外に在住の方はご自宅から一番近い施設を探してください。

受講時間や申込はそれぞれ施設のよって異なりますので直接お問い合わせください。

 

すべての言語ではないですが、ビクトリアのICAでは日本人スタッフも数名勤務されています。

どうしてもわからないことなどは日本語でも対応してくれると思いますし、移民者や難民者の支援をしている施設なので英語が話せなくても丁寧に対応してくれると思います。 

 

―受講時間―

ICA(ビクトリア)の場合

① 月~金(週5日)   9:00 am ~ 11:30 am
② 月~金(週5日)  12:00 pm ~ 3:00 om

③ 月・水(週2日)  6:00 pm ~ 9:00 pm
④ 月・水(週2日)  6:00 pm ~ 9:00 pm

※ビクトリア内の公立学校(小中学校)定めた休みの日はレッスンはありません。(週5フルタイムのレッスン)

また、公立学校が長期休み(春休み、夏休み、冬休みなど)の場合もレッスンはありません。(フルタイム)

 

―受講期間―

レベルによってですが、ICAでは最高レベルが8となっているので、そのレベルに達するまで基本受講可能です。

 

―レベル―

LINCのレベルは1~12ですが、施設によって対応しているレベルが違います。

ビクトリアのICAではレベル1~8のみの対応

1~4  初級

5~8  中級

9~12 上級

 

―受講のルール―

プログラム費は無料ですが、政府が運営するプログラムなのでルールはしっかりあります。

守れなかった場合、プログラムの継続ができないこともあるのでしっかり計画をしてプログラムを受けるか決めましょう。

 

◉レッスンは時間内に

ICAポリシーでは、基本クラススタート15後のクラスルーム入室はできないことになっています。遅刻し15分過ぎた場合はコーヒーブレイクまでクラスにはいれません。

先生にもよりますが、遅刻は欠席扱いになることもあるので注意してください。

◉お休みする場合

必ず担当の先生に連絡してください。連絡なしの欠席が多くなるとクラス名簿からばずされレッスン継続ができなくなります。

欠席の理由が以下の場合は欠席扱いになりません(先生に連絡をした場合)

・病気の場合(一週間以上の病欠は医師の診断書が必要です)

・お子さんが病気で見てくれる人がいない場合

・病院や歯医者の予約がある場合

・カナダの移民局や人事課との予約がある場合

・仕事の面接を受ける場合

 

※2週間以上の長期休暇はクラス名簿から外され、ウェイティングリストに入ります。一度名簿から外されると長いとクラスに戻るのに半年以上待つこともありますので、2週間以上の休暇は止む得ない場合以外取らない方が良いです。

 

―レッスン内容―

基本的にカナダに住むための知識や将来的に市民権を獲得するために必要な知識をテーマにして英語を学んで行きます。

読み、書き、話す、聞くの4つのスキルや文法や発音など幅広く学びます。

 

 ―デイケア―

プリスクールに行ける年齢のお子さんであれば、レッスン中の間の子供を見てもらえます。

(クラスレッスンで課外授業などでICAから出た場合は見てもらえません。通常のデイケアとは違いますので独自のポリシーがありますのでしっかりポリシー内容を確認したうえでお子さんを預ける手続きをしましょう。)

 

【受講までの手順(ICAでの場合)】

スポンサーリンク

①受付(申請)

ICA受付で英語のレッスンを受けたいことを伝えてください。(電話でもOKです)

持ち物とカウンセラーさんとも面談の予約をしてくれます。

予約日に持ち物(PRカードなど)と持って行きます。カナダ移民者として入国した日なども聞かれます。

 

レベルテストの予約も行います。

(レベルテストでも1~3ヶ月待ちになることもあります)

 

②レベルテスト

レベルテストは1対1でスピーキングとリスニングテストをやります。

リスニングはCDを聞いて先生とCDの内容について話しました。

 

その後、5、6人同じ時間帯で筆記試験を受ける人がいるので全員がスピーキング&リスニングテストが終わるまでの間待ちます。

私は1番にスピーキング&リスニングテストが終わったので筆記試験まで2時間近く待ったと思います。

 

筆記試験で難しかったのが、ライティングです。

リーディングを含めていると思うので、ライティングに対する質問が私にはさっぱりわからずかけませんでした。

 

ただ、レベルテストの最初のページは本当に簡単で、簡単すぎてびっくりします。

なぜなら、難民者やお孫さんがいる年齢の方も多く、アルファベットも知らず自分の名前を英語で書けないような方もいるからです。

 

レベルテストはレベルの確認です。楽な気持ちで受けるといいと思います。

 

③ウェイティングリスト

現在ウェイティングリストでレッスンを待っている人がとても多く、1年以上は待つそうです。

クラスを一度離れて戻る人や時間帯を変える人がまず優先させるので、新規で申し込んだ場合は1年半くらい待つと思って申し込んだ方がよいと思います。

 

④連絡

連絡が来た際に希望した時間帯でない場合もあります。

始めにその時間で受講して、希望時間が空くまで待つことも可能です。

時間などは担当のカウンセラーさんと相談してみてください。

 

⑤レッスン初日

レッスン開始日に筆記用具を持って時間内に行くだけです。

10~15分前には先生がクラスにいるので、わからないことがあれば先生に聞いてください。

レッスン初日にファイルがもらえると思います。(三つ穴のバインダーで多くすでに色々入っているので重めです)

 

【ICAの様子】

ICAは学校ではないので、様々な人が出入りしています。

また一般の語学学校とは雰囲気も違います。

 

若い生徒は基本いません。

お子さんがいる方やお孫さんがいる方が多く、時間帯にもよると思いますがシングルの方私が知ってる限りではほとんどいませんでした。

 

―LINCの生徒―

レベルにもよりますが、中国人が全体的に多いです。

あとは中東の方も多いように思います。

韓国人、日本人は比較的少ないです。

 

―レッスン―

レッスンは1回のコーヒーブレイクを15分入れて行われます。

先生によってはルールを作っている場合もあり、先生によって様々です。

 

スライドを使ったり、パソコン(一人一台ノートパソコンを使います)を使い学ぶこともあります。

また、学校行事としてバスで公園へみんなで行ったり、2クラス合同でミュージアムに行ったりもしました。

 

―レベルアップテスト―

次のレベルに行くための条件はカナダ政府(LINC)が決めているので変更があるようです。

私が通っていた時はちょうどレベルアップの基準が変更になるときでした。

 

入った当初:先生が推薦してレベルアップテストを受けてパスすれば次のレベルに上がれる

変更:各スキル(Reading, Speaking, Writing, Listening)のテストを規定回数受けてさらに80%以上

 

以前はレベルテストでパスできないとレッスン受講継続ができなかったなど色々聞きました。

時代に合わせて規定がその都度変わるようですね。

 

―先生―

無料のプログラムですが、先生はボランティアではありません。

先生はESLの講師として資格を持ち、豊富な経験を持っている先生が多いです。

 

【その他】

―車で通学する方―

ICAの周りの駐車スペース(縦列駐車)は最大2時間です。

コーヒーブレイクが15分あるので、必ず車を移動してください。

ICAの周りは特に駐車時間のチェックが厳しいです。

また駐車できないスペースもあるので気をつけてください。

 

―プリスクール前のお子様がいる方―

デイケアのウェイティングリストはお子さんが6ヶ月になったときからリストに申込できます。

デイケアのウェイティングリストもとても長いです。

将来、ICAで英語レッスンを受けたいと思っている方でお子さんを預けたいと思っている方は、お子さんがプリスクールに入れる年齢になる前にICA受けつけで確認することをおすすめします。

 

【まとめ】

・カナダでは移民者、難民者のの大人が無料で英語を学べるプログラムがある
・ビクトリア(ICA)ではフルタイム(朝・昼)、パートタイム(夜)にクラスがありレベルは1~8
・プリスクールの年齢であれば、レッスン中のみ子供を見てもらえる
・ウェイティングリストがビクトリアはとにかく長い
・先生は経験豊富な講師が多い

 

 

いかかでしたか?

 

移民して英語のスキルアップをしてみたいという方はぜひ、行ってみてください。

待ちが長いので気になったらまずICAに行ってみることをおすすめします。

小さなお子さんがいる方もレッスンが受けられるのがいいですよね。

 

カナダのことを学び、英語力をアップしてさらに充実したビクトリア生活になるのではないでしょうか?

それでは、Have a nice day☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安、欲しい情報などなどカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

Facebook、Twitter、インスタグラムでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報を配信しています。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す