ビクトリアの飲茶レストラン、ドンミーはおすすめ?飲茶の美味しいレストランは他にあるの?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

カナダに長く滞在して色々食べあるくと、違ったものが食べたくなりますよね?バーガーもピザも和食も食べた!そんな方に中華料理の飲茶はいかがでしょうか?

移民大国のカナダ、カナダの中国人の人口はとても多いです。カナダの端であるバンクーバー島のビクトリアにもチャイナタウンがあります。中国人もたくさん住んでいるのでもちろん中華料理を楽しめるところはたくさんありますよ。

 

今回は中華料理でも飲茶が楽しめるレストランを紹介します。

【ビクトリアにある飲茶が食べられるレストラン】

ビクトリアで飲茶が食べられるレストランです。たくさんありますが、飲茶レストランランキング上位や有名なお店4店舗を紹介します。

―Dom Mee (ドン・ミー)―

ここは、飲茶でとても有名で観光雑誌などにもよく掲載されているレストランです。

カナダ人や観光客がとても多いレストランです。

 

チャイナタウンの通りの真ん中辺りにある比較的大きなレストラです。

入口部分は1階ですが、エントランスを入るとすぐに階段になっていてレストランは2階にあります。

 

≪住所≫ 538 Fisgard St, Victoria
≪電話≫ 250-383-1032
≪営業≫ 月~金:11:00~22:00 土・日:10:00~22:00
※飲茶はランチだけだと思います。

 

―Jade Fountain Restaurant(ジェイド・ファウンテン)―

アップタウンの近くのレッドライオン・イン&スイートというホテルの地下にあります。

ダウンタウンから離れていて知る人ぞ知る飲茶レストランで、利用客のほとんどが中国系の人です。

 

≪住所≫ 3366 Dauglas St,Victoria(ホテル Red Lion Inn & Suites の地下にあります)
≪電話≫ 250-383-8718
≪営業≫ 毎日 ランチ:10:30~14:30 ディナー:16:30~21:30

―Gold City Restaurant(ゴールド・シティ・レストラン)―

飲茶メインのレストランではないですが、本格的な中華が食べられると評判のレストランで、飲茶もおいしいとの口コミが多いです。

店内も一般的な中華料理レストランに比べると綺麗な店内なのも人気の理由ですね。

≪住所≫ 721 Fisgard St,Victoria
≪電話≫ 250-386-8404
≪営業≫ ランチ月~金:10:30~14:30 ランチ土・日:11:00~14:30 ディナー毎日:14:30~21:00

 

―Dynasty Resutauran(ダイナスティ・レストラン)―

中華料理のレストランランキングでも上位ではないですが、いつもさりげなく上の方に入っているレストランです。

飲茶も美味しいとの評判です。

≪住所≫ 546 Fisgard St,Victoria
≪電話≫ 250-386-6818
≪営業≫ 時間、曜日共に不明

 

【Dom Mee (ドン・ミー)有名だけど、飲茶はおいしいの?】

―本当に有名なの?―

飲茶を紹介している旅行雑誌やインターネットでも度々登場しますし、ランチにこのレストランを利用している日系ツアーもあるようです。

私は2月下旬に行きましたが、ランチタイムは観光客やカナダ人で広い店内もいっぱいでした。

 

―飲茶が有名な理由はオーダーの仕方?―

ここのお店が飲茶で有名な理由がもう一つ。

 

ランチは席に案内されるときに、お茶も一緒に出されます。座って待っていると、おばちゃんがワゴンに乗せていくつかの飲茶などの点心を運んで1テーブルずつ「これいる?」と聞いてきます。

好きなものだけをチョイスして、値段表に記入してくれるシステムです。

 

とにかく飲茶メインで実際に見ながら決められ、すぐに食べられるこの手軽さが人気なのでしょう。

私も以前、バンクーバー(リッチモンド)で同じシステムの飲茶レストランに行ったことがあります。

このワゴン式は昔ながらのスタイルで今では中国でも少なくなってきているそうです。

ドンミーはその昔ながらの本場のスタイルで飲茶が楽しめるのことが人気の理由なのでしょう。

 

 

―ドンミーの飲茶はおいしいの?おすすめ?―

有名なドンミーですが口コミでは、実は評判はあまりよくありません。

様々なビクトリアのレストラン・ランキングの中華でも10位くらいには入りますが、全体的な評価は低いです。日本人の評価は「ふつう」ですね。

カナダやアメリカの観光客ですら、評価は低いです。

 

私も、口コミ同様で「こんなものかな」という感想です。

「ドンミーは飲茶を楽しむレストランとしておすすめですか?」と聞かれたら私は「NO」と答えます。

 

【ビクトリアで飲茶を楽しむならJade Fountain!】

スポンサーリンク

ドンミーがおすすめでないのであれば、どこへ行ったらよいか?

ジェイド・ファウンテンをおすすめします。ドンミーと同じワゴン式の飲茶レストランです。

―店内はまるで中国?!―

ホテルの地下にあるレストランですが、店内に入るとすぐに感じるのが中国人ばかりだということです。毎回そうですが、中国人以外のお客は1割りもいないかと思います。まるで、中国に来たかのような雰囲気です。

 

―中国人おすすめの飲茶レストラン―

私はこのレストランはビクトリア在住6年の間に10回は行っていると思います。

そのうちの2回は台湾人の子、そして中国人の子と行きました。

中国人の子と行った際には、別テーブルで親戚も来ていました。

 

「飲茶を食べに行こう」と誘われていったのはどちらもJade Fountainでした。

中国系の友達おすすめ飲茶レストランです。

 

実際に、行ったらわかりますがとにかく中国系の人が多い!それだけ、Jade Fountainの飲茶は本場に近く美味しいということですね。

 

↑ジェイド・ファウンテンの飲茶(ごく一部)です。

 

【昔ながらのカート式、Dom Mee と Jade Fountain の比較】

―飲茶の種類―

Jade Fountain(ジェイド・ファウンテン)はDo Mee (ドン・ミー)に比べてとにかく類が豊富です。

 

シュウマイなどの蒸し物だけでもポーク、えび、ホタテなどあります。

また、野菜やちょっと変わった(日本人が食べない部位)ものまであります。

スイーツも種類が多く、ゴマ団子、杏仁豆腐、マンゴープリンなどなどです。

 

Dom Mee (ドン・ミー)は種類が少ないです。

私が行った日が平日だったからなのかはわかりませんが、Jade Fountain(ジェイド・ファウンテン)に比べてしまうと種類の少なさが目立ちました。

 

―味は?―

これは私個人の感想になってしまいますが、ドン・ミーは味が濃い気がしました。

欧米の観光客やカナダ人に合わせているのかもしれませんね。

 

これに対してジェイド・ファウンテンは中国系のお客がほとんどなだけあり本場に近い味だと思います。

実際に本場で食べたことはないですが、客層を見れば疑う必要はないでしょう。

 

―接客(サービス)―

接客に関してはお国柄がありますので、中国では普通の対応でも、日本人や欧米人にしたら驚くことは多いかと思います。

基本笑顔もないですし、食器も丁寧に置くというのはあまりなく基本ザツです。

 

ドンミーは観光客が多いのでひどすぎるというほどではないです。

 

ジェイド・ファウンテンは客層が中国系なだけあり、対応も中国流です。

実際、口コミで「対応が悪すぎ」「対応がひどい」というのは時々あります。

 

私は、ドンミーもジェイド・ファウンテンも利用しましたし、ほかの中華レストランも利用しましたが、カナダのレストランや日本の接客を求めたことがないので、気になったことはほとんどありません。(時々「えっ?!」という対応もありますが、、、)

サービスの面でカナダの他のレストランと同じように対応してもらえると期待してしまうと、とても残念に思ってしまいます。全てのレストランではありませんが、中華レストランでは丁寧な対応、笑顔で対応してくれる、という期待しない方がいいです。

たとえカナダ国内でも、スタッフが中国人なら中国流の対応が基本だと思っているといいですよ。

 

 

【まとめ】

・ビクトリアで飲茶をたのしめるレストランがある
・ドンミーとジェイド・ファウンテンは昔ながらのワゴンで飲茶を運んで来てくれるタイプのレストラン
・ビクトリアで飲茶目的なら Jade Fountain(ジェイド・ファウンテン)がおすすめ!!

 

 

いかがでしたか?

 

中国人が多いからそこ、飲茶1つとっても小さなビクトリアですらたくさんのお店があります。

日本でも中華街にでも行かないとワゴン式の飲茶は楽しむ機会はないかもしれませんね。

実際私も、初めて体験した時は見たことないシステムとおいしさでとても驚きました。

 

いつかのランチに美味しい飲茶はいががですか?

それでは、Have a nice day☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ビクトリアにこれから来る予定の方など質問があればお気軽に問い合わせ、また下↓のコメントでご連絡ください。

お答えできるものは、できるだけ早くお返事します。

 

また、「こんなこと知りたい」「こんな記事があったらいいな」などもあればできるだけ記事にしていきますので、コメントや問い合わせでぜひお知らせください☆

 

Facebook、Twitter、インスタグラムでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報を配信しています。

スポンサーリンク

 

コメントを残す