バンクーバーからビクトリアクルーズの値段や詳細は?直通V2Vエンプレスの料金は高い?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

バンクーバーからビクトリアへの旅はどんな交通手段で行きますか?

バンクーバー⇔ビクトリアの旅には様々な交通手段ありますが、また一つ特別な旅になるであろう交通手段が登場しました。

2017年5月1日から就航のクルーズ、V2Vエンプレスです。

 

ちょっとラグジュアリーで優雅な船旅はいかがですか?

 

今回はバンクーバーとビクトリア間を就航するクルーズ、V2Vエンプレスについて紹介します。

 

【V2Vエンプレス(V2V Empress)とは?】

―ダウンタウンからダウンタウンへ―

V2Vエンプレスはバンクーバーのダウンタウンカナダプレイスビクトリアのダウンタウンインナーハーバー船で移動する新たな交通手段です。

 

乗客254人のクルーズ、船のサイズはクリッパーより小さいサイズです。

 

バンクーバーからビクトリアへの交通手段は色々ありますが、ダウンタウンからダウンタウンへ行ってくれるのはとてもありがたいですね。

 

―所要時間―

バンクーバー⇔ビクトリア間の片道所要時間は3時間半です。

 

―全席レザーシート―

V2Vエンプレスは全席レザーシートです。

カテゴリーによってデッキの場所や座席が違います。

 

 

【就航時間と値段?】

スポンサーリンク

―就航時間は?―

V2Vエンプレスは毎日就航しています。

≪バンクーバー発≫

出発:8:00

乗船開始:7:30
乗船締切:7:50

到着:11:30

 

≪ビクトリア≫

出発:14:00

乗船開始:13:00
乗船締切:13:50

到着:17:30

チェックインは出発の1時間前からです。

乗り遅れないように気を付けてくださいね。

 

―3つのクラスと値段設定―

◉プレミアム・コンフォート(Premium Comfort)

大人:$120 子供$60

座席はレザーのファミリーシートです。

食事、飲み物はすべて有料です。

 

◉ファースト・クラス(First Class)

大人:$199 子供:$199

 

座席:眺めがいい上の階に席があります。

食事:コース料理となります。(3コース)

 

◉ロイヤル・クラス(Royal Class)

大人:$240 子供:$240

 

食事:コース料理となります。またコーヒー、紅茶のサービスもついています。

座席:プレミアムデッキに席があり座席はリクライニングシートです。

 

 

【V2Vエンプレスその他詳細】

―チェックイン―

≪バンクーバー≫

1055 Canada Place

バンクーバーのダウンタウンにある水上飛行機の乗り付近にオフィスはあります。

カナダプレイスからから5~10分ほどのところにチェックイン・オフィスと乗り場があります。

 

水上飛行機が見える辺りにV2Vエンプレスも停泊しています。

 

≪ビクトリア≫

470 Belleville St

ビクトリアのダウンタウン、インナーハーバーのコーホーフェリーターミナルのところに乗り場があります。

インナーハーバーから船が停泊しているのが見えるのですぐにわかると思います。

チェックインカウンターは乗り場のところ、スティームシップ・ターミナル(The Steamship Terminal)内です。

 

―手荷物について―

荷物については飛行機とほど同じ基準です。

≪預けられる荷物≫

一人1つまでー23㎏以内(153㎝以内)

≪手荷物≫

一人1つまでー10㎏以内

 

―基本情報―

≪バンクーバー≫

電話:1-855-544-4679
オフィス: 6:30~18:30

≪ビクトリア≫

電話:250-590-9154
住所:470 Belleville St (Victoria Steamship Terminal)
オフィス: 7:00~19:00

 

 

【まとめ】

・V2Vエンプレスはバンクーバーとビクトリアのダウンタウンを3時間半で繋ぐ船
・全席レザーシート
・3つのカテゴリーで一番安いクラスで一人$120
・1日1往復ずつのみの就航

 

いかがでしたか?

 

バンクーバーとビクトリアを結ぶ贅沢な船旅ですね。

 

2017年の段階では毎日就航となっています。

私もいつかV2Vエンプレスに乗って優雅な旅を体験してみたいなと思います。

 

素敵な旅になりますように、、、、♡

それでは、Have a nice day☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安、欲しい情報などなどカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報など配信しています。

〈Facebook〉 アイ・ヴィック(IVic)     :  @IVicChairo
〈Twitter〉   IVic(アイ・ヴィック):  @IVic_Chairo
〈Instagram〉I♡Vic(アイ・ヴィック) : @ivic_chairo
〈YouTube〉 IVic: http://urx.blue/De9h

スポンサーリンク

 

コメントを残す