ビクトリアで日本食なら内田食堂へ!売れきてることがあるってホント?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

日本を離れると和食が食べたくなりますよね。

 

ビクトリアにもジャパニーズレストランは何件もありますが、日本人が経営する和食のお店は数件しかありません。

ジャパニーズレストランだと欧米スタイルの巻き寿司や日本の居酒屋で食べるような枝豆や揚げ出し豆腐、餃子がほとんどです。和食というよりは日本スタイルの食べ物といったところでしょう。

 

では、ビクトリアでは和食レストランはないのか?

いえ、ありますよ!和食が食べたいと思っている方にぜひおすすめしたいレストランが内田食堂です。

今回は、ビクトリアのダウンタウンにある和食のレストラン、内田食堂を紹介します。

 

【内田食堂ってどんなレストラン?】

―営業について―

平日のランチのみ営業しています。

11:00~14:00の営業ですが、早くいかないと売り切れてしまいます

特に日替わりランチは売り切れるのが早いです!

 

―店内の様子―

席数が少なく、こじんまりしたアットホームなお店です。

日本人のスタッフが対応してくれるので、日本語で注文できますよ

 

 

―食堂ってことは定食屋さんなの?―

内田食堂は定食屋さんではないんです。

食堂と言われると日本人はごはん、味噌汁、小鉢にメイン料理の安いセットメニューを想像してしまうかもしれませんが、セットになっているものは残念ながらありません。

和食が食べられるおしゃれなカフェ風のごはん屋さんといったところでしょうか。

 

【内田食堂ではどんな食事が楽しめるの?】

―メニューは?―

◉丼もの

・ツナ丼($10.50)
・ねぎとろ丼($10.50)
・サーモン丼($10.50)
・チキン照り焼き丼($10.50)

◉その他

・焼きさば($7)
・チキンチャーシュー($5.50)
・箱寿司(サーモンまたはさば)(3巻:$3.25、6巻:$6.50)
・オーガニックごはん(玄米または白米)($2.25)
・味噌汁($2.50)
・ほうじ茶($1.50)

◉日替わりメニュー

・本日のスペシャルメニュー($11~12前後)
・本日の野菜もの(2品)(各$4)
・本日のおかず

☆日替わりメニューは毎日開店前にFacebookにアップされます。

 

―オーダーの仕方―

セルフサービススタイルです。(ファストフード店のようなイメージ)

①レジへ行き各自で注文をします。

②お会計をします。

③番号札をもらえるので札を持って席で待ちます。

④食事はスタッフの方が席まで待ってきてくれます。

※お箸やレンゲ、調味料(醤油、七味)、お水はレジ付近にあるので各自で用意してくださいね。

※食べ終えた食器などもレジ付近に返却ボックスがあるのでそこへ入れます。

 

【内田食堂はおすすめの理由】

スポンサーリンク

―野菜がたくさん―

地元の契約農家からのオーガニック野菜をたっぷり使ったものが並びます。

 

私が食べた本日のスペシャルの「チキンカツ丼」にも野菜はたくさん入っていました。

レストランのかつ丼ってかつ丼と玉ねぎを卵でとじてるものが多いですよね。

内田食堂のチキンカツ丼は野菜がしっかり入っていて、「これがかつ丼?」と思ったくらいです。

日替わりの野菜にもオーガニック野菜が使われています。

野菜不足の方にはおすすめです。

 

 

―安心・安全の食事―

内田食堂の野菜は海波ファームのオーガニック野菜を使っています

 

無農薬の野菜がたっぷり入った料理は野菜不足になっている人にはぴったりですね。

内田食堂の利用客のほとんどのはカナダ人です。味もさることながら健康に対する意識が高いカナダ人の利用者が多いのではと感じました

 

―値段は少し高めだけど、、、―

地元のオーガニック野菜使っているとこを考えるとビクトリアでは相場ですね。

 

日本に比べるとランチの丼もの1つで1000円以上は高いと感じるかもしれませんが、カナダでの外食はランチでも$10前後しることは一般的です。ファストフードでもセットで注文すれば$10以上することが多いです。

$10前後で無農薬野菜を使った食事が食べられるのであれば高すぎるほどの値段ではないかと思います。

 

一般的なレストランでは、作り置きなどをして対応してるところも多いですが、内田食堂では毎日しっかりと仕込みをして食事を提供していると聞きました。

売り切れが早く不満に感じる方もいるかもしれませんが、大量に作るのではなくオーナーさんの質のいいものを提供したいというこだわりからの量と営業時間なんですね。

 

【内田食堂レポート】

―何時に行けば良いの?―

とにかく内田食堂へは早くいくことをおすすめします!

 

私が行ったのは、月曜日です。

以前から行くのが遅いと売り切れてしまうとは聞いていました。

一緒に行った友達も以前1時くらいに行ったら売り切れていて食べられなかったということだったので、、、

お店に到着したのが11:10前くらいでした。行ったときにはすでに2組のお客さんが店内に!

 

 

席でオーダーしたメニューを待っていると、、、、徐々に増えるお客さん

11:25にはすでにオーダーする列ができていて、ネギトロ丼は売り切れに!

ちなみに席数が少ないので、11:20には店内の席は満席になってしまいました。

 

満席になり、オーダーの列ができるまで開店からわずか20分です!

 

日によって状況は違うとは思いますが、店内で食事をするのであれば、遅くても11:15には到着しておくことをおすすめします。

内田食堂には開店と同時(11時)くらいの気持ちで行くのをおすすめします。

 

―私のオーダーしたもの―

日替わりメニューはFacebookに毎日アップされます。

当日の朝10時ころにアップされているので、日替わりメニューを確認してからお店に行くのも良いと思います。

↑こちらが3月20日(月)の日替わりメニューです。

 

私は、日替わりのチキンカツ丼(玄米)と酢味噌、そして味噌汁をオーダーしました。

日替わりランチ($11)+酢味噌($4)+味噌汁($2.50)=$18.11(税込み)

↑野菜たっぷりのチキンカツ丼です。

 

―味は?―

内田食堂の食事はすべて日本で食べる味そのものです。

多くのレストラがカナダ人に合わせて味を変えたり、濃い目に味付けしたりしていますが、内田食堂は日本で味わえるそのままの味です。

 

お味噌汁はだしの味がしっかりして、優しい味でした。

チキンカツ丼は野菜がたっぷり入っていて味も濃くなくとてもおいしかったです。

酢味噌も野菜本来の味もしてカナダではなかなか食べられないホッとする1品でしたね。

 

【内田食堂の基本情報】

レストラン名:Uchida Eatery(内田食堂)
営業:月~金 11:00~14:00(土日祝日は休業)
住所:633 Courtney St,Victoria
電話:250-388-7383
ホームページ:Facebookのみ
予約:なし

場所はダウンタウンの Bug Zoo(バグズー)のすぐ近くにあります。Courtyard Shops(コートヤード・ショップス)の中の1店舗が内田食堂です。

ベイセンター、エンプレスホテルどちらからも徒歩5分ほどです。

 

【まとめ】

・お店は平日の11時~14時でランチのみ
・ジャパレスではなく日本の食事が楽しめる
・日替わりメニューは毎日Facebookで開店前にアップされ確認できる
・地元のオーガニック野菜を使った料理が楽しめる
・売り切れるのがとにかく早いので開店と同時の11時くらいに入ると良い!

 

 

いかがでしたか?

野菜不足の方や旅行で濃い味の食事が続いている方などにもおすすめですよ。

 

2年前くらいにも行ったことがあるのですが、その時は全く知らずに行って「味薄いなー」なんて思ったりしましたが、どうやらオーナーさんは関西出身の方のようです。

いつも、濃い味付けの食事ばかりだと物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、本来の日本の食事を楽しめ私は大満足でした。

家で作る料理の味付けを考えさせられました。

ぜひ、ビクトリアで日本の味が恋しくなったら内田食堂へ行ってみてください。

 

それでは、Have a nice day☆

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安などカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す