ビクトリアで小さい子供や子連れでも楽しめる動物&自然スポットおすすめ5選


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

カナダのビクトリアにはたくさんの観光スポットがありますが、お子様と楽しむなら特におすすめの自然や動物とのふれあいはいかかですか?

動物や植物など生き物とのふれあいは子供だけでなく大人も癒されますよね。

 

今回はビクトリアでお子さんも楽しめる自然や動物と触れ合えるスポット5つを紹介します。

 

他にもこんな記事はいかがですか?↓

【子供の楽しめる乗り物アクティビティ編】はこちら

【子供も楽しめる観光スポット編】はこちら

 

 

【動物などとのふれあいができるスポット】

―ふれあい動物園―

ビーコンヒルパークに動物と触れ合えるBeacon Hill Children’s Farmがあります。

 

◉どんな動物に会えるの?

 

≪ヤギ≫

一番ふれあえるのはヤギです。

ヤギは実際に触ることができます。

また専用のブラシもあるのでブラシでなでてあげることもできます。

 

ヤギは高いところが好きなので大人が座っていると背中に乗ってくることもあります。

しゃがんだ姿勢には注意してくださいね。

 

≪クジャク≫

クジャクはファーム内にもいますが、ファームの外にもいます。

クジャクは柵から自由に出入りしているのでファーム付近を散歩中にクジャクを見かけることができます。

運がよければ羽を広げた姿を見ることもできまうよ。

 

≪そのほか≫

ウサギ、アルパカ、にわとり、ロバ、ブタ、ひつじなど

ヤギ以外の動物ともふれあえることもありますよ。

 

◉入場料は?

入場料はなく寄付となっていますが、ほとんどの人が寄付をしています。

推奨として大人$3.50、子供$2.50となっていますが、寄付なのでもちろんそれ以上寄付することもできます。

入口で順番に支払います。

現金以外にもデビットカード、クレジットカード使えます。

 

時間:春・秋 10:00~16:00
   夏   10:00~17:00

 

―アザラシとのふれあい―

ビクトリアでは2か所で野生のアザラシを見ることができます。

 

◉フィッシャーマンズワーフ

フィッシャーマンズワーフ(魚屋さん前)に2,3頭のアザラシがよく姿を現します。

 

以前は問題なく餌をあげられたのですが、BC州から「野生アザラシなのであまり餌を与えないように」とコメント出ました。

現在も魚屋さんから餌を買うことはできます。

 

お子様連れの方は柵などもなく水深もあるので十分気を付けてください。

餌をあげる際アザラシは近くまで水面から餌を取りに上がってきますので噛まれたりしないようにしてくださいね。

 

◉オークベイ・マリーナ

オークベイマリーでも野生のアザラシに会うことができます。

こちらも高い確率でアザラシに会うことができます。

 

こちらは店内に$3で冷凍の魚のぶつ切りを購入でき餌をあげることができます。

 

 

―バグ・ズ(Bug Zoo)―

ダウンタウンにある昆虫動物園です。

幼稚園~小学生のお子さんにおすすめです。

 

◉どんな昆虫がいるの?

カマキリやタランチュラ、アリなど様々な種類の昆虫が見られます。

また、毒のないタランチュラを手に載せる体験もできます。

 

◉入場料は?

大人:$12
子供(5~17歳)・シニア(60歳以上)・学生(学生証提示):$8
年間パス:$28

 

◉館内でのルール

・飲食は不可
・ベビーカーの展示エリアの利用不可(車椅子はOK)
・携帯電話はOFFまたはサイレントに
・13歳以下の子供は大人と同伴
・三脚の利用は不可

 

◉基本情報

住所:631 Courtney St
営業:月~金 11:00~16:00
   土・日 11:00~17:00
電話:250-384-2847

 

 

【自然と触れ合えるスポット】

スポンサーリンク

―バタフライ・ガーデン―

バタフライガーデンはその名の通りたくさんの蝶々を楽しむことができる施設です。

25度に保たれた室内には30種以上の熱帯植物が植えられておりそこには常時400~500匹の蝶々がいます。

 

◉蝶々だけしか楽しめないの?

熱帯環境が整っている暖かい室内ではフラミンゴやたくさんの鳥も見ることができます。

また、蝶の一緒を学ぶことができたりと、蝶々以外も楽しむことができます。

 

◉蝶々はあまり得意ではないけど、、、

子供は蝶々が好きな子が多いですよね。

でも中には蝶々が得意でない方もいらっしゃるかと思います。(実は私は蝶々があまり得意ではありません)

 

400~500匹の蝶々が常に放たれていると聞くとすごい蝶々だらけに感じるかもしれませんが、木や葉に止まっている蝶々もたくさんいるので、思っているほど蝶々は気になりません。

 

私個人の感想なので絶対気にならないというわけではありませんが、「嫌い」でなく苦手な程度であればお子さんと一緒に回っても問題なく楽しめると思います。

 

◉料金は?

大人(18~64歳):$16.50
子供(5~12歳):$6
シニア(65歳以上):$11
学生(13歳~17歳):$11

年間パスもあります。

 

◉営業時間は?

毎日営業しています(12月25日以外)

10月1日〜12月5/12月31~3月5
10:00~16:00(15:00入場締切)

3月6日~9月30日
10:00~17:00(16:00入場締切)

12月16日~12月30日
10:00~17:00(17:00入場締切)

※年により変動あり(上記は2017年のスケジュール)

 

◉基本情報

住所:1461 Benvenuto Ave Brentwood Bay
電話:250-652-3822
   1-877-722-0272(フリーダイヤル)

バタフライガーデンはブッチャートガーデンの近くにあり、ダウンタウンからは車で30分くらいのところにあります。

 

―ブッチャート・ガーデン―

1年を通して花や植物を楽しむことができブッチャートガーデンはお子様連れのファミリーにもおすすめです。

広大な敷地にはたくさんの花や植物が手入れされとても美しいです。

ビクトリア観光で一番のおすすめスポットです。

 

◉ファミリーやお子様連れにおすすめ

ブッチャートガーデンでは様々なサービスやアクティビティがあります。

・ベビーカーと車椅子のレンタルが可能です。
($10で返却後に$10返金)

・メリーゴーランドがあります。

・トイレにはおむつ替えベットがあります。

・大きな荷物などを無料で預かってくれます。

 

階段もありまうが、スロープもあるのでベビーカーや車椅子ご利用の方でもグループ、ご家族揃ってガーデンを楽しめます。

 

◉花以外でも子供と楽しめる

ブッチャートガーデンは5つのシーズンに分かれていてそれぞれ違った顔のガーデンを楽しむことができます。

春夏の綺麗な花以外にも夏には土曜の夜限定での花火を楽しむことができます。

また、クリスマスシーズンはイルミネーションやアイススケートを楽しむことができます。

 

 

◉営業時間は?

営業時間は細かく分かれています。

一番長い営業日:
6月上旬~9月上旬
9:00~22:00

9月上旬~9月中旬
9:00~21:00

その他の日は9:00~16時または17:00が基本です。

12月25日は13:00~21:00

 

◉入場料は?

入場料も細かく日程ごとに分けられています。

一番高い入場料の日:
6月中旬~9月末
大人$32.60 ユース(13~17歳)$16.30 子供(5~12歳)$3

一番安い入場料の日
1月中旬
大人:18.05 ユース$9.05 子供$2.00

 

春・夏は大人は30ドル以上します。

 

 

◉基本情報

住所:800 Benvenuto Ave, Brentwood Bay
電話:250-652-6256 
   1-866-652-4422(フリーダイヤル)
駐車場:無料

 

【まとめ】

・ビーコンヒルパークの子供ふれあいファームではヤギとふれあえる
・野生のアザラシはビクトリアの2か所で会える
・昆虫園がダウンタウンにある
・バタフライガーデンでは蝶々や熱帯植物などが楽しめる
・ブッチャートガーデンはサービやアクティビティが色々ありファミリーにもおすすめ

 

いかがでしたか?

 

紹介した5つのスポットはお子様だけでなく大人も楽しめるスポットです。

ブッチャートガーデンはビクトリアの定番観光地です。少々値段は高めですが、ビクトリアに訪れたらぜひ行って欲しいおすすめスポットです。

 

私、チャイロはビーコンヒルパークのふれあいファームが大好きです。ヤギは噛んだり暴れたりすることもないく人懐っこいのでとても癒されます。値段も寄付の$3.50だけなのでぜひカナダの子供たちに混ざって楽しんでください。

 

自然や動物以外にもこんな記事はいかかですか?

【子供も楽しめるおすすめ乗り物アクティビティ5選】

【子供も楽しめるおすすめ観光スポット5選】

 

素敵なビクトリア観光になりますよに、、、、♡

それでは、Have a nice trip☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安、欲しい情報などなどカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラムでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報など配信しています。

〈Facebook〉 アイ・ヴィック(IVic)     :  @IVicChairo
〈Twitter〉   IVic(アイ・ヴィック):  @IVic_Chairo
〈Instagram〉I♡Vic(アイ・ヴィック) : @ivic_chairo

スポンサーリンク

コメントを残す