エアカナダの飛行機は日本語が通じる?英語が話せない両親におすすめ?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

ビクトリア旅行を計画する際、必ずやることと言えばフライト検索ですよね。

色々あるけど、英語が不安だからできれば日本の航空会社でビクトリアへ行きたいな~

そう思う人は多いのではないでしょか?

 

でも日本航空の便はエアカナダのフライとに比べると値段が高いことが多いですよね。

また、満席になってしまうこともあり希望通りに行かなこともあります。

 

よし、エアカナダで行こう!でも、、、
・海外旅行の経験も少ないけどエアカナダのフライトで私は大丈夫かな?不安だな~
・もし、英語が話せない両親が日本から2人だけエアカナダの飛行機でカナダへ行くとなっても問題なく機内で過ごせるのか?

そんな不安を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか?←私もそうでした

 

 

今回は英語が不安な方のエアカナダのフライトについて紹介します。

 

【日本⇔バンクーバーのフライトの場合】

①成田でのチェックインー日本語
②搭乗ゲートー日本語
③機内ー基本英語

日本の空港ではエアカナダ利用でも日本人スタッフが対応してくれるので問題はないですね。

 

不安なのは、機内ですよね。

日本語は使えるのでしょか?

 

―日本人のフライトアテンダント―

日本からバンクーバーまでの国際線では、基本日本人のフライトアテンダント(客室乗務員)は乗務しています

だたし、エアカナダはカナダの航空会社なので、日本人は数名だと思っていた方がよいと思います。

 

日本語が喋れる外国人フライトアテンダントや日系カナダ人のフライトアテンダントが乗務していることが比較的多いです。

 

席の担当者が日本語が話せるフライトアテンダントとは限りません。

困ったときはは日本語が話せる乗務員を読んでもらいましょう。

 

―機内アナウンス―

次に機内アナウンスです。

機長からのアナウンスやシートベルトサインなど大事なアナウンスなので聞き逃したくないですよね。

 

大丈夫です。

機長のアナウンス日本語で説明してくれますし、シートベルトサインやトイレの使用についても日本語でアナウンスしてくれます。

 

エアカナダの日本⇔カナダでは機内アナウンスは3か国語で行われます。

英語→フランス語→日本語の順です。

 

―食事や飲み物のオーダー―

ここだけは英語での対応になります。

 

でも、心配しなくても大丈夫です。

乗務しているのは国際線のフライトアテンダント、片言や単語でも理解してくれるはずです。

どうしてもわからなければ、見せてくれたりしますのでそこまで不安に思うことはないと思います。

 

事は基本「ビーフ・オア・チキン」です。

飲み物は一般的な飲み物のコーク(コーラ)、スプライト、オレンジジュース、トマトジュース、コーヒー、ホット・ティー(紅茶)、ウォーター(水)はあるはずです。

 

不安はあると思いますが、機内で英語の心配があるとすれば機内食の際だけなので、英語だけに限れば問題ないのではないでしょうか。

 

【バンクーバー⇔ビクトリアのフライトの場合】

スポンサーリンク

①搭乗ゲートー英語
②機内ー英語
③バンクーバーでの乗り継ぎカウンター(行き)
④ビクトリアでのチェックイン(帰り)ー英語

 

※バンクーバー⇔ビクトリアは日本の航空会社は就航していません。

日本の航空会社を利用してもバンクーバー⇔ビクトリアの搭乗ゲート、フライト、バンクーバーでの乗り継ぎ手続き、ビクトリアでのチェックインは基本英語のみの対応です。

 

―飛行時間―

飛行時間は約30分と記載されていますが、上空での時間は15分ほどでとても短いです。

飛行機も小型のプロペラ機で小さな機体なので乗客も乗客も少ないですよ。

 

―フライトアテンダント―

バンクーバー~ビクトリアのフライトはとても短いです。

 

機体も小さくフライトも短いのでフライトアテンダントは一人しか乗っていません。

会話をすることは基本ないので英語の心配は必要はありません。

 

―機内アナウンス―

内アナウンスは英語とフランス語です。

日本語はありませんが、話していることは日本⇔バンクーバーと同じです。

 

シートベルトサインや飛行時間、緊急時についてのアナウンスが基本です。

機内にいる時間は30分程度であっという間に到着です。

 

【まとめ】

・エアカナダの日本⇔バンクーバーのフライトは日本人や日本語の話せるキャビンアテンダントが乗っている
・日本⇔バンクーバーは日本語のアナウンスもある
・機内食や飲み物をもらう際は英語だが、単語で伝わるのでそこまでの心配は必要ない
・バンクーバー⇔ビクトリアのフライトで英語を話すことは基本ない
・エアカナダのフライトで「英語が話せない」という理由では大きな心配をする必要はない

 

 

いかかでしたか?

 

日本からカナダへの国際線では、日本語を話せるフライトアテンダントも乗務していますし、英語ができない人でも問題はなさそうですよね。

ご両親だけでエアカナダを利用する場合でもおすすめできるのではないでしょうか?

また、英語の観点からエアカナダを決めかねてる方のお役に立てていたらうれしいです。

 

カナダまでのフライトが不安なく素敵な時間になりますよに☆

Have a nice flight!!

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安、欲しい情報などなどカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

Facebook、Twitter、インスタグラムでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報を配信しています。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す