ビクトリアのダウンタウンの観光名所は?時間がなくても回れる穴場スポットがある?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

 

ビクトリアのダウンタウンって何かあるの?

ダウンタウンはインナーハーバー行ったら他に行くところがないよね?!

 

と思っている方いませんか?

 

日帰り旅行の方でもブッチャートガーデンへ行った後、数時間だけビクトリアのダウンタウンで観光をしようとなったとき、、、

その数時間をダウンタウンでどう過ごされますか?

 

何も知らないと「ビクトリアって何もないところだね」で終わってしまいますが、、、

ビクトリアのダウンタウンにも素敵なスポットはたくさんあります☆

 

皆んさにビクトリアの良さを知っていただきたいですし、数時間でもビクトリアを楽しんでいただきたい!

 

ので、

 

今回はビクトリアのダウンタウンの観光スポットを紹介します。

 

超定番の観光名所から知ってると面白い穴場スポットまで紹介します!!

ダウンタウンを知ってビクトリアで素敵な時間を過ごしてくださね。

 

 

【ガイドマップにも載ってる定番スポット】

インナーハーバーはダウンタウン・ビクトリアの超定番観光スポットです。

インナーハーバーに来たらまずここへ!

 

―時間がなくてもさっと見れる定番スポット―

ビクトリアのダウンタウンに来たら絶対というスポットを紹介します。

どのガイドにも必ず載ってる定番中の定番です。

近くまで行かなくてもさっと見られるので、ビクトリアのダウンタウンに来たらまず訪れて欲しい場所です。

 

◎インナーハーバー

ここの景色はとても素敵です。

ダウンタウンの中心ですがゆったりとした時間が流れます。

 

春にはたくさんの花が皆さんをお迎えしますよ。

また、春から秋にかけては先住民の方作った作品などのお土産屋さんが並んだり大道芸が行われたりと特に天気の良い週末とても賑わいます。

 

 

◎州議事堂

現在も州議会で使われているこの州議事堂は1898年に(5年もかけて)建てられた歴史のある建物です。

あまり知られていませんが、ブリティッシュ・コロンビア州の州都はビクトリアです。(バンクーバーではないですよ!)

 

中庭は自由に入ることができます。

中庭はとてもきれいなので写真スポットにもおすすめです。

中庭にはビクトリアの女王の銅像や噴水、花壇があります。

 

青銅の屋根の上にはバンクーバー島を発見したジョージ・バンクーバーの銅像があるのでこちらも探してみてくださいね。

 

館内は自由に見学もできます。

館内も素敵なので時間ある方はぜひ!

 

◎エンプレスホテル

1908年開業のザ・フェアモント・エンプレス・ホテルはビクトリアでは名の知れた高級ホテルです。

ホテル公園にはたくさんの植物がきれいに植えられとてもきれいです。

ここもビクトリアの観光名所の1つになっています。

 

こちらも写真おすすめスポットです。

 

 

―インナーハーバーから近いエリアを散策―

インナーハーバーからすぐのところにあるので、時間がない方でも気軽に訪れることができます。

 

◎ガバメントストリート

ビクトリアのお土産屋さんが並ぶエリアです。

お土産屋さん目当てだとなんとなく通り過ぎてしまいますが、建物の感じがとてもきれいです。

 

日本人に人気のカフェ、マーチーズやカナダで有名なチョコレート店ロジャーズ・チョコレートの1号店もあります。

 

◎バスチョン・スクエア

ビクトリア砦であったこの場所から見る

ガバメントストリートを歩いたらここもぜひ注目していただきた場所です。

↑週末のマーケットの様子

 

 

◎サンダーバード・パーク

 

BCミュージアムの横にあるこの公園にはたくさんのトーテムポールが立っています。

また、壁面にはネイティブアートもあり先住民の文化に触れることできるパークです。

 

カナダに来た際には1度は先住民の文化の象徴ともトーテムポールを見て欲しいです。

機会がない方はぜひ、このサンダーバードパークで見てみるのはいかがでしょうか?

 

ちなみに、カナダで4番目に長いトーテムポールはビーコンヒルパーク内にあります。

 

 

 

―インナーハーバーから少し離れたスポット―

時間があればこれから紹介する2か所もおすすめです。

対の場所なので数時間では両方は回れませんが、時間があれば目的に合われてどちらかに訪れてはいかがでしょうか?

 

◎フィッシャーマンズワーフ

ビクトリアらしい景色や雰囲気を楽しみたいのであればフィッシャーマンズワーフへ。

ガイドマップによく登場する場所するビクトリア観光名所の1つです。

 

人気のフィッシュアンドチップスのお店やメキシコ料理、アイスクリーム屋さんお土産屋などが並んでいます。

また、水に浮いている住宅もみどころの1つです。

 

フィッシャーマンズワーフはインナーハーバーから少し離れているのであまり時間のない方にはおすすめできません。

 

 

徒歩だとインナーハーバーから海辺の歩道を歩いて約30分、通常の通りで20分ほどです。

春から秋にかけて出ているウォータータクシーで行くのが私のおすすめです。

※ウォータータクシーの乗船時間は5分ほどですが、タイミングによって乗車するのに待ち時間があるときもありますので時間に余裕がない方はご注意ください。

(1回6$、往復なら$11です。2017年7月現)

↑フィッシュ&チップスのお店
↑ウォータータクシー(ハーバータクシー)

 

◎マーケットスクエア

ショッピング目的ならマーケットスクエアがおすすめです。

マーケットスクエアはインナーハーバーから徒歩15分ほどで行けます。

 

レンが造りの建物の中に個性豊からレストランやお店が並びます。

一見何もない場所のように感じますが、ほとんどが中庭を囲むようにして並ぶお店の裏口でそれぞれのお店のメインエントランスは大通りに面しています。

そのため、殺風景な場所に感じられますが、お店の1軒1軒はオシャレで素敵なお店ばかりです。

 

各お店へ大通りのメインエントランスから入るのもいいですが、中庭からお店巡りをするのも隠れ家スポットを見つけた気分になりおすすめです。

マーケットスクエア内からでないと入らないお店もあります!

可愛いお店のありますよ。

 

中庭の広場でも週末は大道芸などイベントをやっていることもあります。

 

マーケットスクエア内を紹介しましたが、大通りの建物も素敵なので、マーケットスクエアへ行く際はぜひ通りのカラフルな建物にも注目してみてくだいさね。

 

↑お店の裏側でこちらからも入店できます。

↑ジョンソン・ストリートのカラフルな建物

 

 

 

【穴場おすすめスポット】

スポンサーリンク

―ガイドブックにあまり載っていないスポット―

 

◎コンフェデレーション・ファウンテン

州議事堂向かって左にあるこのエリアにはカナダの各州の紋章(マーク)が飾られています。

年代も記載されていて、カナダの歴史も感じられます。

 

カナダについて触れることもできますし、写真撮影スポットとしてもおすすめです。


 

◎チャイナタウン(ファン・タン・アリー通り)

ビクトリアにもチャイナタウンがあります。

実はビクトリアのチャイナタウンはカナダで一番古いチャイナタウンなんです。

ということは、ビクトリアのチャイナタウンがカナダで一番最初にできたということです。

 

チャイナタウンとしては本当に小さいく、現在は昔からのチャイナタウンとモダンが組み合わさった通りになっています。

 

そして、チャイナタウンへ行ったら訪れて欲しい場所があります。

それが、ファン・タン・アリーという細い通りです。

この細い道はカナダで一番細い通りとなっています。

細い通りの中に可愛いお店や個性のあるお店がたくさん入っているんですよ。

 

チャイナタウンのフィスガード・ストリートを何気なく歩いていると通り過ぎてしまうほど、ひっそりとしていて細い通りです。

チャイナタウンへ行ったら見逃さずぜひ立ち寄ってくださいね。

 

↑ファン・タン・アリー通りの入口

 

 

 

―超隠れ家スポット―

観光スポットとは言えませんが味のある場所です。

◎コートヤード・ショップ

和食のお店、内田食堂やバグズーがあるコートヤード・ショップというエリアです。

観光スポットとは言えない場所ですが、ひっそりと佇む隠れスポットといった感じです。

今では見られなくなった電話ボックスもあり懐かしく懐かしさ感じる中庭です。

 

 

 

Googleマップにもこのエリア名は出ていませんでした。

バグズーと内田食堂のを抜けていくと写真のスポットがあります。

内田食堂やバグズー、ミニチュアワールドへ行った際にちょっと足を運んでみてください。

 

 

【まとめ】

・インナーハーバー付近は定番観光地名所がたくさん!
・ダウンタウンの建物は歴史を感じたりイギリスの雰囲気を感じれれる
・裏路地やインナーハーバーから離れた場所の観光地スポットもおすすめ

 

 

いかかでしたか?

 

今回は日帰りなどでビクトリアのダウンタウン観光をする時間があまりない方でも気軽に行けるダウンタウンのスポットを紹介しました。

実は私が初めてビクトリアをバンクーバーから訪れた時、ブッチャートガーデンのことしか調べていかず、時間が余ったのでダウンタウンへ行ったがどこへ行ったら良いか分からずガバメントストリートのお土産屋さんを見て終わってしまいました。

インナーハーバーまでも行くことをせずにバンクーバーへ戻ったという思い出があります。

 

そんな「日帰りでブッチャートガーデン目的でビクトリアを訪れ、少し時間があるからダウンタウンへ行ってみよう」という短時間しか観光時間のない方にもビクトリアの良さや美しさを感じていただける場所ばかりです。

 

もちろん、時間のある方やビクトリアにワーホリで来たという方にはぜひすべて回っていただきたい場所ばかりです。

 

ビクトリアにはまだまだダウンタウンをはじめ素敵な場所がたくさんあるので、これからもどんどん紹介していけらた思います。

最後まで読んで下さいありがとうございました。

 

素敵なビクトリアの旅になりますように、、、、

それでは、Have a nice day☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

カナダやビクトリアの質問、疑問、不安、欲しい情報などなど

何でも気軽にコメントや問い合わせフォームからご連絡ください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

フェイスブック、ツイッター、インスタグラム、ユーチューブでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報など配信しています。

登録よろしくお願いします。

〈Facebook〉 アイ・ヴィック(IVic)   : @IVicChairo
〈Twitter〉   IVic(アイ・ヴィック): @IVic_Chairo
〈Instagram〉I♡Vic(アイ・ヴィック) : @ivic_chairo
〈YouTube〉 IVic : http://urx.blue/De9h

スポンサーリンク

3 Responses to “ビクトリアのダウンタウンの観光名所は?時間がなくても回れる穴場スポットがある?”

  1. こんにちは。morioriです。
    いつも楽しく読ませていただいています。
    以前もコメントさせて頂きましたが、今年の8月に10年以上振りでビクトリアを訪れます。

    過去2回ビクトリアを訪れた時はエンプレスホテルも州議事堂も正面から眺めただけだったので(1回は1泊したこともあったのに!)、今回は中も見てみたくなりました。
    エンプレスのホテル公園や州議事堂の中庭っていうのは、港から見て裏側(建物に入り通り抜ける感じ?)にあるんですかね?
    州議事堂は受付とか特になくスーッと(!?)入れちゃうんでしょうか?
    どちらも立派な建物で、「すごいね~中に入れるのかな~。」と言いながら眺めていたのを思い出します。

    フィッシャーマンズワーフは地図で見てイメージしていたよりも遠いんだということが分かりました。いろいろ参考になりました。ありがとうございます^^。

    • morimoriさん

      コメント&Facebookいいね、ありがとうございます。
      とっても嬉しいです。

      州議事堂は正面入口に警備員さんかスタッフの方がいるのでそこから入れたはずです。無料なので受付もありません。時間があれば英語ですが無料の館内ツアーもありますよ。
      お庭は大通りに面しているのですぐにわかると思います(^^)

      エンプレスホテルは改装したので館内の雰囲気も変わったと思いますが、観光客も気軽に入ってますね。いくつかの棟に分かれていて入口が違います。正面右の横から入るとお土産屋さんがありレストランもあります。庭もあるのでぜひ!ホテル周りで外からも見えるのですぐわかると思います。

      フィッシャーマンズワーフはそうですね、地図で見るとすぐ行けちゃう気がするんですが地味に遠いですね。でも、そこまで広い場所でもないのでさっと回るだけであれば行けない場所ではないかな~と思います。(時間がどれだけあるかにもよりますが)

      また、調べえて欲しいことなどなど何かあればお気軽にコメントorメールでご連絡ください。
      morimoriさんのビクトリア旅行が素敵な旅になりますように、、、

      • チャイロさん
        ありがとうございます。
        1か月後の出発が待ち遠しいです^^。
        これからもブログ楽しみにしています。

コメントを残す