カナダのバレンタインデーは日本と違うの?女性がチョコレートをあげる日?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

日本のバレンタインデーと言えば、女性が男性にチョコレートをあげる日ですよね。

日本では街中がバレンタインムードになりますが、カナダのバレンタインデーはどうでしょうか?

 

【カナダのバレンタインデー】

―カナダにもバレンタインデーはあるの?―

カナダのバレンタインデーはあります。

日本のバレンタインデーと同じ、2月14日です。

 

ちなみにホワイトデーはありません。

 

―カナダのバレンタインデーは?―

日本ではバレンタインデーはどちらかというと恋人がいない人にためのイベントというイメージが強いですよね。

 

カナダのバレンタインデーは愛を確かめ会う日で、老若男女問わずみんなでお祝いします。

愛を確かめ合う日なので、日本とは逆で恋人たちや夫婦のためのイベントというイメージが強いように思います。

 

―カナダのバレンタインデーは何をする日?―

日本では、バレンタインは女性が男性にチョコレートあげる日だったり、女性が男性に告白する日ですよね。

また、会社では女性社員が上司や男性社員にチョコレートをあげたりしますよね。

 

カナダのバレンタインデーは男性が女性にプレゼントをすることが多いです。

でも、それは告白をするためなどでなく、すでにカップルである彼氏や夫が彼女や妻のために用意することが一般的です。

女性は男性にお菓子などをプレゼントしたりとお互いプレゼントを用意することはありますが、女性だけがが男性にプレゼントをすることはないですね、、、

男性の皆様、覚えておいてくださいね。

 

―チョコレート―

カナダではバレンタインデー=チョコレートではありません。

なので義理チョコもありません。

 

お店ではバレンタインデー用のチョコレートやクッキー、カップケーキなどが売られたりします。

義理チョコというより、友チョコのような感謝の気持ちを伝える意味が込められています。

 

職場ではバレンタインデーにチョコレートやクッキーなどが登場するオフィスも多いのではと思います。

私の職場でも毎年チョコやクッキーをみんなのために持ってきてくれる方がいます。

 

【カナダのバレンタインデーは恋人たちの日?】

スポンサーリンク

―プレゼント―

男性が女性にプレゼントする定番は、バラの花束です。

特に彼女や奥さんには赤いバラの花束をプレゼントするのが定番のようですね。

また、プレゼントと一緒にカードやチョコレートを渡すのも定番です。

 

プレゼントは色々ですが、バレンタインデーシーズンになると、店頭に女性へ送るためのバレンタインギフトコーナーも設置されたりします。

男性の方は忘れずにチェックしてくださいね。

 

―レストラン―

バレンタインデー当日やバレンタインデー付近の週末はレストランがとても混みます。

恋人や夫婦は高級レストランでロマンティックな時間を過ごすのも定番です。

 

バレンタインデーにレストランで食事を考えている方は、予約をしておきましょう。

予約せずに行きどこも入れないなんてなったら、ムードが台無ですので、、、

 

【まとめ】

・カナダのバレンタインデーも2月14日
・カナダのバレンタインデーは女性が男性にチョコレートをあげる日ではない
・カナダのバレンタインデーは愛を確かめ合う日でみんなで祝う
・カナダにはホワイトデーが存在しない
・カナダのバレンタインデーは恋人や夫婦では男性が女性に贈り物をするのが基本
・バレンタインデーは高級レストランで食事をする恋人や夫婦が多いので当日は高級レストランは予約が必要

 

いかがでしたか?

 

同じバレンタインデーなのに日本とはちょっと違いますね。

ビックリされた方もいらっしゃるのではないでしょか?

 

バレンタインデーはみんなで愛を確かめ合う日です。

恋人や夫婦だけでなく友達との友情も確かめ合い友チョコをプレゼントしてみてはいかかですか?

 

それでは、Happyな1日を☆

Happy Valentine’s day♡♥♡

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安、欲しい情報などなどカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

 

Facebook、Twitter、インスタグラムでビクトリアの情報やチャイロのブログ情報を配信しています。

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す