カナダの銀行の日本との違いは手数料や維持費?口座開設の際の注意点は?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

カナダに来て、銀行開設をしよう調べると、銀行は日本同様たくさんあります。

日本で銀行開設しようとするとき、どこを見て決めますか?カナダの銀行は日本の銀行と違いがあるので、それぞれの銀行の特徴やプランを知っていなと損してしまうことがあります。

銀行開設をこれからする上でも、まずはカナダの銀行のシステムの違いを知っていると、銀行を選ぶ際に比較できて決めやいです。

 

今回はカナダの銀行のシステムの違いについて紹介します。

 

【カナダと日本に銀行の違い】

ープラス(良い)面―

・ATMは24時間利用可能で無料
・オンライ・バンキングが無料
・デビットカードを使えるお店が多い

 

―マイナス(悪い)面―

・銀行口座に維持費がかかる
・プランによって取引(預け、引き出しなど)回数に制限がある
・ATMでの引きし金額が少ない
・銀行によって口座を閉じるのに手数料がかかる

 

【カナダ銀行開設で知っていた方が良い知識】

これから、カナダで銀行開設をするために「どの銀行するか」「プランはどうするか」はとても大切です。

上記【カナダと日本に銀行の大きな違い】で説明した中でも銀行やプランを決める際に知っておいた方がよい情報を紹介します。

 

―銀行口座には維持費がかかる―

銀行開設する際、まずは「どの銀行にするか?」ですが、銀行を決めるうえで大事なのが口座維持費です。

日本では口座を開設するのは無料ですし、口座を維持するのも無料なので、「使ってない」「お金が口座にほとんどない」場合でも問題ありません。

しかし、カナダの銀行ではそれぞれプランがあり、基本は月々の維持費がかかります。プランにもよりますが、安いものでも$3~5、高いものだと$10以上口座維持費が毎月かかります

 

銀行によっては、学生プランや1年以内なら維持手数がかからないなどのプランがある銀行もありますし、口座に一定の金額が常にあれば維持費がかからないなどもあります。

プラン内容を確認して、知らない間に$5口座から引かれていたのに、ずっと気が付かなかったということがないようにしたいですね。

 

―取引回数がプランによって違う―

日本では引出し、預入と共に時間内であれば無料ですよね。

カナダでは、無料なのですが、プランによっては回数に制限があります。

引出し、預入れ、デビットカードで支払いなど口座のお金が出たり入ったりする回数が決められています。決められた回数を超えると、手数料が取られるシステムです。

 

銀行によっては、学生プランやある条件を満たすと取引回数が無制限にある場合もあります。また、プランによって制限無制限もありますが、月$10以上の維持費がかかることがほとんどです。

維持費の低いプランのほとんどは取引回数に制限があり大体12回~15回が多いです。プランの説明を銀行で聞く際は取引回数もしっかり確認しましょう。

私がワーキングホリデーの時に使っていたのは取引回数が少ないものでした。月の回数が決まっていたので、毎回上限ギリギリで引き出しして大事に現金を保管していました。

 

【カナダの銀行システムで良い点は?】

スポンサーリンク

―引き出し手数料は無料?―

日本の銀行のほとんどが、基本は引き出し手数料無料ですが、時間外だと手数料がかかるところが多いですよね。

カナダの銀行は24時間引き出し手数料無料なんです。

日本のように時間を気にすることがないので必要な時に気軽に下すことができます。

 

―ATMは24時間利用可能―

日本のATMは時間が決まっていて、朝一でもATMが開くまで待たなくてはいけませんよね。

カナダではATMは基本24時間利用可能です。もちろん取引回数内であれば手数料もかからず無料です!

(ダウンタウンにはATMがむき出しの状態のものもあります。遅い時間の現金引き出しには気をつけてくださいね)

 

―デビットカードはどこでも使える?―

日本でも浸透しつつあるデビットカード、カナダではデビットカードはとても便利ほとんどのお店で使えます。

デビットカードはクレジットカードのようにカードでの支払いができますが、銀行口座から直接すぐ引き落としされます

クレジットカードのような請求が後からきて払い忘れなどをする心配はありあせん。

 

―オンライ・バンキングが無料!―

日本ではオンライ・バンキングが無料でない銀行が多いですよね。

カナダではオンライバンキングが無料なので口座の残高などが携帯やパソコンでいつでも無料で確認できます。銀行に行かなくても、口座にいくら入っているかすぐにチェックできてとても便利です。

 

 

【まとめ】

・カナダの銀行では口座維持費がかかる
・カナダの銀行ではプランによって取引回数に制限がある
・カナダの銀行のATMは24時間対応で手数料なしで利用できる

いかがでしたか?

これから、銀行開設をしようと思っている方は、プランによってかかる口座維持費と取引回数がどれくらいなのかは口座を開設するときにしっかり確認しておく必要があります。

私の周りのワーホリさんでも、口座維持費を知らないで開設してしまった人や維持費のことを知らないで利用している人がいました。月$3だとしても10ヶ月同じ銀行を利用すれば$30も何もしなくても引き落としされてしますわけです。

 

損をしないためににも銀行口座開設の前にカナダの銀行システムをしっかり理解してから口座を開設しましょう。

 

それでは、Have a nice day☆

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ビクトリアの質問や疑問などなどお気軽にコメントやメールで問い合わせください。

 

スポンサーリンク

コメントを残す