ビクトリアでフレンチといえばBrasserie L’ecole!並ばないと入れない?


スポンサーリンク

こんにちは、チャイロです。

 

ビクトリアでフレンチを言えばここ!という名店がチャイナタウンの近くにあります。

その名もBrasserie L’ecole(ブラッセリ―・エコール)です。

 

毎日のように列ができているレストランがあるとよく耳にしていて気になっていたレストランでした。

人口も多くなく大都市でないビクトリアで列ができるレストランが数えるくらいしかありません。

ブラッセ―・エコールはそんな中でも列ができる人気のお店です。

 

今回は、フレンチの名店Brasserie L’ecole(ブラッセリ―・エコール)を紹介です。

 

【お店の雰囲気は】

―フレンチだけど入りやすい?―

フレンチと聞くと敷居が高い気がしがしますよね?

Brasserie L’ecole(ブラッセリ―・エコール)は本的なフレンチの味を手ごろな値段で楽しめるカジュアルフレンチのレストランです。

常連客も多く地元の人から愛されているレストランです。

 

店内は落ち着いた雰囲気で照明も暗めです。

デートや記念日にはもちろん落ち着いた雰囲気で食事がしたい方にもおすすめです。

デートや3,4人の小さなグループでの利用者が多いですね。

 

―フレンチだけど子供も大丈夫?―

堅苦しいフレンチのお店ではないので問題ありません。

私が行った日も、5才くらいに女の子を連れた家族が食事を楽しんでいました。

 

―営業時間は?―

ブラッセリ―・エコールはディナーのみの営業です。

17:30~23:00(日月休業)での営業です。

※開店前に列ができています。

 

【メニュー】

―メニューは?―

基本のメニューは日替わりです。

メニューにはその日の日付が記載されているのがわかりますか?

その日の食材に合わせたメニューで構成されているので、以前でたメニューもあります。

毎日新たに考案した違ったメニューというわけでなく基本のメニューがあり入荷した食材次第でレパートリーを変更しています。

 

メニューは毎日、ホームページでアップされます。

英語でない単語も多いのでメニューを確認してから行くとオーダーしやすいですね。

 

このお店の人気メニューはムール貝やステーキです。

 

―ワインなどは?―

ブラッセリ―は醸造所という意味が元々あります。ブラッセリ―を名乗るだけあって、ワインなどの種類も豊富です。

周りのお客さんはワインを注文してる方が多かったです。

今日のおすすめや食事に合うワインを選んでもらうのもいいですね。

 

―デザートもおすすめ?―

↑こちらはでデザート。3人で行ったので、違ったものを3種オーダーしました。

パンナコッタ、クレームブリュレ、チョコレートケーキです。

甘すぎず日本人でも食べやすいデザートです。

個人的にクレームブリュレがおすすめです。

 

【予約について】

スポンサーリンク

―予約が取れない?―

ブラッセリ―・エコールでは予約受付をしていません

確実に席を確保する方法としては、開店前に並ぶ必要があります。

 

―並ばないと入れないの?―

予約が出来ないので、確実に席を確保しすぐに食事をしたいのであれば並ぶことをおすすめします。

 

なお、ウェイティングリストで座れなかった人に対して席が空きたら連絡をしれくれるシステムを使っています。

5時半にオープンして早い客さんであれば7時くらいにはお店をでますので、席が空くまでどこかで時間をつぶせるのであれば並ばずに、ウェイティングリストに名前を残しても良いでしょう。

 

お店は23時まで営業しています。

遅い食事になってしまっても問題なければ開店前に並ぶことをしなくてもレストランを利用することは可能ですよ。

※なお、遅い食事になるとメニューの中から売り切れが出てしまうこともあるのであしからず。

 

【ブラッセリ―・エコールのレポート】

―おすすめメニュー―

人気のメニューはムール貝とステーキを紹介しましたが、、、、

 

列に並んでいる際に、10年間通っているカナダ人の常連さんがおすすめメニューを教えてくれました。

ムール貝も迷いましたが、今回常連さんおすすめメニューをオーダーしました。

(食事の前に小さいフランスパンのスライスが出ます。)

 



↑Trout, Parisienne gnocchi, beets, beer ham brown butter
(マス、パリジェンヌ・ニョッキ、ビーツ、バター風味)

 

あっさりとした味付けでとても食べやすかったです。

思っていたより大きなサイズで出てきたので少々びっくりしました。

添えてあるビーツもおいしかったです。

 


↑Braised Beef Cheeks, grano, butternut squash, kale mushroom, feta
(ビーフシチュー、小麦、バターナッツスクワッシュ、ケールきのこ、フェタ)

 

こちらはじっくり煮込まれていてとっても柔らかいお肉でしっかりした味でした。

ボリュームもあり、結構お腹いっぱいになりました。

こちらもとてもおいしかったです。

 

―スタッフの対応は?―

担当してくれたウェイトレスさんはとても気さくで、様々な質問にも丁寧に答えてくれました。

また、少し遅いなーと思った時もちゃんと説明をしてくれ忘れているわけではないことを伝えてくれました。

 

料理だけでなくスタッフの対応も評判がいいレストランです。

英語ができなくても丁寧に対応してもらえると思います。

 

―並んでも食べたい?―

初め行ったブラッセリ―・エコーですが、「並んででもまた行きたい?」と聞かれたら答えはYes!です。

フレンチと言われると量が少ないかなと思っていましたが、ボリュームあり、味も良し、スタッフの対応も良かったのでまた行きたいなと思いました。

友人もまた並んででも行きたいと言っていましたし、寒い冬でも並んで待っている人がいるほど人気のレストランなのでおすすめです。

 

【Brasserie L’ecoleの基本情報】

営業:17:00~23:00(日月休業)
住所:1715 Goverment St
電話:250-475-6260
Email:eat@lecole.ca
ウェブサイト:あり
予約:不可

 

【まとめ】

・カジュアルフレンチレストラン
・ディナーのみ営業
・メニューは日替わり
・予約の受付はしていな
・人気はムール貝とステーキ、おすすめはビーフシチューとマス

 

いかがでしたか?

フランス料理を食べる機会って意外にないですよね?

予約受付をしていないのが残念ですが、私はぜひまた行ってみたいなと思いました。

 

特別な日や落ち着いたディナーを楽しみたい方などにおすすめです。

カジュアルとはいえ値段は少し高くなりますので、何度も訪れるのは難しいですがビクトリアに住んでる方にはぜひ1度訪れてみては?とおすすめ出来るレストランです。

 

素敵なディナーになりますように、、、、

それでは、Have a day☆

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

質問や疑問、不安、欲しい情報などなどカナダやビクトリアについて何かあればお気軽にメールや問い合わせフォーム、コメントから問い合わせください。

これから、カナダやビクトリアに訪れる方へ少しでもお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

 

コメントを残す